オルタナティブにいきたい。

取り留めのないことを取り留めなく書き留めるブログ

オルタナティブにいきたい@がんばらない

最近あれですね、何もやってなさ過ぎてブログに書くことないですね。冒頭から「ネタがないことをネタにしない」っていう自分ルールをぶち破って書き始めてますけど、やっぱり過去の自分っていうのはどんどん打ち破っていかないと成長しないからね!でも他の人はこのルール守るんだぞ、ブログ界の暗黙の決まりだからな!

まぁ、何もやってないってことで別に焦燥感とかは別に感じてないです。そう言ったらちょっと違うか。「何かやらなきゃなー」とは思ってるんですけど、それが何なのかは今のところよく分かんないなって思って、でもゆっくり考えればいっか、って楽観してる感じです。きっといつかなんか思いついてくれると、未来の自分に他力本願という離れ業を使ってます。

いやね、多分このSNSにまみれた共感型社会で、あらゆるところからの発信に疲れてる人もいると思うんですよ。俺のTwitterのタイムラインなんかバンドのライブの告知とかばっかりで、いやでも「俺ら行動を起こしてるぜ!」みたいなのばっかりですよ。それじゃあ別に俺はいっかって感じで。問題ないでしょ、一人くらい寝てたって。

そんな感じで、周りと自分を比べ疲れたら是非このブログに来てください。大丈夫、俺はあなたと比べても差は無いか、むしろあなたの方が頑張ってるくらいなんで疲れることはないでしょう。オルタナティブにいきたいは、SNSに疲れた方々のオアシスになることを目指しております。安心と信頼をみんなに届けたい。

 

 

 

そんな軽口を叩きましたが、書くことがないとは言っても書こうと思ってたことはあったんですよね。いつかの記事で「共感について話したい」って最後に書いたんですけど、それを色々と考えてたらちょっと迷宮入りしてきて、また例によって形にならず下書き保存しまくってたんです。その間にテキトーなこと書こうとは思っても出来事がないから書くことがなかった的な。ちょーウケるんですけど。

正直、この「共感について」どんなことを書こうと思ってたかっていうと、まぁ否定的に捉えて揶揄してやろうと思ってたんです。どこかで「共感を得ることが大事なんだ」っていう発言を聞いて、あーでたこの妄信的な考え方、くわばらくわばらっていうオチにしようと。でもそれ多分誰も興味持たねーな、タイトルが「共感について」で共感得られないとか、ひねくれ方が独特過ぎるわってことでしっかり批判しようと思ったんです。でもこれがなかなかね、手強かったんです。っていうか揶揄してやろうとか強気出しときながら、なんの根拠も持ってない俺が弱すぎた説の方が有力すぎて顔上げられない。

そんなわけでなんとかこのテーマについての突破口を考えてたらいつの間にか2ヶ月くらい経ってたと。その間考えても考えても進展もなく、だめだわからんFGOしよう、YouTube見ようとなってたわけです。丁度ね、ちょっと前までとある事件でYouTube賑わってたからそれずっと見てた。久しぶりに2chとか張り付いたり、ツイキャスまで見るようになってた。ちなみにFGOはいつの間にか累計6万課金してます。いつの間にか…いつの間にや…

正直ね、いろいろと調べて突破口を見つけようと思っても、共感にはあんまりマイナスイメージないから何とも言えなかったんですよ。だって共感を得ることが大事って別に間違ってないし、どっちかって言ったらみんな共感されたら嬉しいしね。それについて批判するってどんなアヴェンジャーなんだよと。異端な俺カッコいい理論辿り着いちゃあいかんでしょと。

SNS疲れを根拠にしても何て言うか、私つまはじきにされました、だから怒ってますって感じになっちゃって、それはただの嫉妬になるから違かったんですよ。もっと違うところに違和感あるんじゃないかなぁってのをずっと探してたんですよ。

で、ここ2,3日くらいで、やっとそのとっかかりが見つかったんじゃないかと。いつものように何となく考えてて、あーこれじゃないかなぁって感じで。それで調べてみたらやっと参考に出来そうな記事が出てきて、違和感の正体に一歩近づけたような気がしてます。ただまだ形にはなってないので、これからちょっとずつ形にしていきたい。ちなみにこのブログでこうしたいああしたいって言ったことは、ほどんど達成されてません。オルタナティブにいきたいは、みんなのオアシスを目指してますので、抜け駆けはしませんよ!テスト前の「全然勉強してないわー」は、俺の場合ガチなので!

んでね、まぁその違和感に気付いたら共感についても改まった観点で別に否定するまでのことにはならないかもなぁって感じです。共感を求めている人たちには盲点になっている視点を指摘し、共感疲れしてる人たちには気持ちの置き所を提供できるような結論を出したい。無駄にハードル上げたな俺。別に倒してしまっても構わんのだろう展開になりそうですね!

 

 

 

大学の時の友達が行動的な奴で、行動するかしないかで迷ったら行動しようと言ってたんですよね。それってすごい大事なことで、そうしたほうがいいとは思うけど、まだまだ俺には出来そうにないなって感じです。うだうだ考えて気持ちの落としどころを考えるってのも悪くないと思ってます。やる気は出せるときに出せ。出なきゃのんびりしときなさい。

何もしない日々

皆さんはもうお盆休み終わりましたか? 俺は今週いっぱいはまだ休みです。え、自慢かって? でも休みって生かせる人と生かせない人いるじゃん。それで言ったら俺は確実後者じゃん。FGOばかりやるお盆休みってどーよ、しんどいZE!

こういう休日になるとどうしても家の中でじっとしていられない性格で、とりあえず目的もなしに出掛けてみるんだけど、用事は元からないから大した収穫もなく帰ってくるっていう生活を送ってます。あれ、なんだろう。書いてて悲しい気持ちになってきたよ。孤独に負けない2017年の夏。線香花火が最後の花火。

んで、何かしらの収獲は欲しいというちっぽけな不満のせいで、とりあえず何かを買って帰るっていうのがいつものパターンなんだけど、その『何か』が最近マンガだったりする。そしてそのマンガのジャンルはラブコメだったりする。寂しさを隠しきれてない。

いつもTS〇TAYAで買ってるんだけど、新品の書籍を買うとスタンプラリーのスタンプが溜まるらしく、2回に1回の頻度でそのスタンプが溜まるからポイント10倍のクーポンめっちゃ貰ってる。んで、毎回ラブコメをレジで買うの恥ずかしくてセルフレジを使ってたんだけど、そのクーポンは有人レジでしか使えないときた。俺は思ったね。神が俺に "立ち向かえ" と告げてるんだと。なので今日は立ち向かってきた。12ptが120ptになるなんてすげぇ… 神様ありがとう…

 

 

 

そんなわけで、今日も今日とてラブコメを買ってきた28歳がここにおるんですが、なんでそもそも ”ラブコメ” なのかと。いや元から好きだっていうのもあるんですけど、ちょっとしたきっかけもあるんですよ。ええ。『かくや様は告らせたい』っていうマンガがめっちゃ面白かったからなんですよ。

 

 

電子書籍版しかないか…まぁいいや。

ツ〇ヤで1000円で10枚CD借りれますーみたいなサービスが終了してて、んじゃあもう借りなくてもいいやってなった時にふとこのマンガが目に入って、「そういえばよく見るなーこれ気になるし買ってみようか」と思って読んだらすごく面白かった。ホントもうラブがコメとミーツ。ラブミーツコメ。もう最初のカオス理論でドツボにはまった。

ネタバレを可能な限りしないで説明すると、このマンガは頭が良すぎるためになかなか素直になれない2人が知略で恋仲になろうとするという、「もう付き合っちゃえよ」系のラブコメなんだけど、その回りくどさがコメディとしてすごく楽しめる。今いちばん続きを読みたいマンガとして堂々君臨してる。

でもやっぱり続きが出るまでには何カ月か待たなきゃいけないわけで、そもそもマンガは雑誌でちょこちょこ読むより単行本で一気に読みたい派なのでやっぱり待たなきゃいけないわけなんです。それを律儀に待ってられなかったのよね。だから同じジャンルでどうにか気を紛らわせられないかという気持ちからラブコメを買うようになってしまった、というわけです。

ここからどういう経路を辿っていったかを簡単に書きだすと、

 

・とりあえず推されてるから『恋と嘘

 →しまったこれラブコメじゃねぇ。主人公たちよりも他のキャラの方が気になる。

・アニメ見てないから『クズの本懐

 →これも違…最後おおおおおおおおお!!!!なんでなんよおおおおおお!!!!

・同じ作者つながりで『レトルトパウチ』

 →エロコメですねありがとうございます(?)

・そこそこネットで見かけてた『初恋ゾンビ

 →そうそうそういう感じ。指宿くんはよ女の子に戻れ。

・アニメ見たから『幼女戦記

 →もはやジャンルかすってない。てか原作は小説かよ。間違ったよ。

・こうなったら気になったら読んでみよう『川柳少女

 →ちょっと違うかなー、まだ2巻しか出てないし様子見

 

ってな感じです。この中だったら『初恋ゾンビ推してます。

 

 

そして今日は『星野、目をつぶって。』を読みまして。こちらもなかなか面白かった。まぁ帯に「2016年 新連載 No.1」って書いてあったしね。そういうの鵜呑みにします。売れてるものは正義。一番うまいラーメンはカップラーメン。

 

 

特筆すべきはそう、ヒロインの星野が化粧を落とした姿が双葉杏に似てることです。うそだよ内容も面白かったよ。とりあえず読んでみると ”目をつぶって” の意味が「あぁ、そういうことなんだ」ってなります。

 

 

 

そんな感じで最近読んでるマンガの話題でした。書いてて後半くらいで「一体俺は何の話をしてるんだ…」ってなりましたけど、だいぶ文字量もあったんでもうこれで公開します。これから俺がどんなマンガに出合うか、要チェケやで☆

ラジオだと最近よく聞く気がするWUG


『One In A Billion』Music Video(2 chorus.ver)/Wake Up, May'n!【TVアニメ「異世界食堂」オープニングテーマ】

 

職場で流れてるラジオで流れてて、気になって調べてたらこの曲だった。調べてて分かったんだけど、ラジオで流れた曲はホームページでまとめてくれてるのね。あれ便利だね。ちょっと前まで徳永英明のニューアルバムが特集されてたんだけど、多分あの中にごっつい名曲あるで。それは調べてないけど。

でも多分まだ発売されてない曲とかは載ってないらしくて、「この曲の後にWUGのタチアガレ! 流れてたなぁ」という記憶を頼りに探してたんだけど、タチアガレ! だけ載っててこれは載ってなかったので分かるまで結構時間かかった。一応WUG調べてみるか―と思ってホームページでディスコグラフィ開いてみたら、「あれ、これ8人いね?」ってなって見てみたらMay'nがいるのね。しかもグループ名もWake Up, May'n!にこれ限定でなってるのね。Girls無くしちゃったらなんか意味深じゃないか… 考えすぎか。

 

いやまぁ絶対失礼なんだけど、ぶっちゃけこの曲聴いて第一印象がラブライブっぽいだったんですよ。タチアガレ! の前に流れてたからWUGなのかなぁ、でもあんな声の人いたかなぁとか思ってたらシェリルだったし。それで名前がWake Up, May'n! だったら目覚めてんのMay'nじゃん! だれか空虚の輪郭をそっと撫でてよ!

ラブライブじゃないかとか、ノーザンクロスが聴きたいとか言ってますが、別にWUGを貶してるわけじゃないんです。ただ気になったものに色んなものが混じってたからちょっとツッコミたいなって思って勢いで書きました。

今のうちに言います。もしこれを何かの拍子で読んでしまったWUGファンの方、大変申し訳ありません。でもタチアガレ! とか、少女交響曲とか、極上スマイルとか当方好きでございますので何卒ご容赦の方よろしくお願い致します。I-1clubの曲だけどリトルチャレンジャーも好きです。正直この曲も買うか借りるかして聴こうと思ってます。

 

まぁ、それに反して異世界食堂の方はまったくの守備範囲外なんだけど、このアニメどうなんだろう。でも「主題歌が気になる」くらいの動機でも見始めることあるから近いうちに見てみようと思います。こうやって軽々しく見るって言ったものに限って結局見な…いやなんでもないです。

君の名は。をBlu-rayで観たいという雑な話

この間『君の名は。』のDVDとBlu-ray発売されましたね。やっぱりこの人の映画観るならBlu-rayで観たいところですが、いかんせんBlu-rayを再生する機器が家に無い。ちょっと前から買おう買おうと思ってるんだけど、「どうせ買うならプレイヤーじゃなくてレコーダー買ってしまった方が…でもお値段…」と迷ってしまって動けません。だれか金の針を俺に打ってくれ。

あれだけ話題になった映画だから当たり前なんだろうけど、『秒速5センチメートル』とか知らない人もこの映画観に行ったっていうのが個人的には驚いた。いや、君の名は。観るなら秒速も観ろとかそういうこと言うつもりは全くないんだけど、最初は新海作品観たことある人じゃないと興味ないだろうなこの映画、なんて思ってたもんで。

でも秒速を見てから君の名は。を観るのもなかなか感慨深くて、俺としてはその間に『言の葉の庭』も挟むとその感慨がより一層強くなるんですよ。ちなみにまぁ、新海作品この3つしか観てないんですけどね。…ごめんなさい、ほしのこえ、録画してるんでお盆休みにでもちゃんと観ます。

その感慨なんですが、検索すると一緒に「鬱」と出てくるくらい精神的ダメージを与えた秒速では離ればなれになり、やっぱり花澤香菜って可愛いキャラよりも大人びたキャラの方がいいなぁと(俺に)思わせた言の葉では、結ばれた結ばれないはさておきヒロインが立ち直るという感じなんです。ちょっとうまく説明できないからもう一回見たい。

それ以外にも『星を追う子ども』とかあるけど、それは今回置いといてこの2作品ではどっちも2人が ”離れて” 物語が終わってたんですよね。それが君の名は。ではそうじゃなかった。正直、映画館で観たときは「やっとか…やっとなのか新海…」と思いました。

秒速で痛いほど突き付けられた後悔を、やっと君の名は。で昇華してくれたかと。そんな感慨、あるいは思い入れがあるので欲しいっすね。うん、今後のことも考えてレコーダー導入決めようかなぁ…

 

 

 

あと好きなものと好きなものが一つになるってのもグッとくるもんで、主題歌がラッドってのもいいですね。何度かラッド嫌い派だと周りに公言してたんですが、しれっと好きになってます。それは許して!嫌いから好きになったんだからポジティブじゃん!バンプとそっくりとか言わないであげてよ!

 

 

 

そんな話を書きたいと思った朝でした。時間やべぇ。

notitle4

頬にちょっと大きなニキビが出来て「早く治んないかなー」って思ってる。思い思われ振り振られってあったなと思って確認しようと思ったけど、頬に出来た場合ってどちらにせよ失恋フラグなので見るのをやめる。アゴにニキビ出来ると誰かに想われてるって絶対なんかおかしいよね。アゴってなんかそういうの受信すんの?ロマンチックの欠片もないな!

はい、そんな話をするくらい今日の記事で書こうと思ったことは別にないんですが、書く内容は無いけど書こうと思ってる意志だけがある時がたまにあって、今そんな状態です。この気持ちを引きずってると、何かしようとして何もせずに無駄に夜更かしするなんてことが多々あります。だからニキビなんて出来るんだよ、思春期かよ早く寝ろよ。

もっぱらその無駄な夜更かしではYouTube見てる。YouTube見てると高確率でYouTuberの動画に迷い込んでそっから抜け出せなくなるから、なるべく避けるようにしてるんだけど、つい最近まであったシバターと漢さんのやり合いは楽しみにしながら見ちゃった。どっちがどうとかは思ってないけど、「22分は誰も見ねぇよ」のパンチラインめっちゃ好き。

あとやっぱりハマりやすいのがゲーム実況動画。そしてそこからなぜかTAS動画とかにシフトチェンジしちゃうともう時間の浪費がハンパない。TASでRTAなんかいくら早いとはいえゲームを最後までやり切るわけだからね、それなりの時間はかかるよね。

で、しかもその中で『ロックマンX』のTASは何回も見ちゃうからホントどうにかしたい。何回も見すぎてついに『ロックマンX』買っちゃったくらい。だからクラシックミニに入るって!なんで待てないの!

いやぁ、このゲームには「なんで覚えてるんだろう」っていう思い出がありまして、小学生の時に一つ上の学年の、友達とも言いづらい子の家に誘われて、その子がずっと一人でやってたんだよね。それをずっと見てたんだよね。遊べよ俺と。

何故か横スクロール系のゲームは得意だという自信があって、しかもTAS動画も見てるから爽快にプレイできるだろうと思っていざやってみたらこれが難しいのね。ペンギーゴっていうXシリーズの中でも一番弱いだろうって言われてるあのボス、ダッシュパーツがあるから一番最初に選ぶであろうあのステージのボスに何回もやられるの。あいつをまず倒せないの。ペンギーゴつえぇ…

それでも1日ずつちょっとずつ進めていって、やっとシグマのアジトまで来たんだけど、今度はボスとかじゃなくてステージのある部分の進み方で手こずって進めなかったりする。壁蹴りから逆方向へジャンプして反対側の台に…届かねぇ…みたいな。あー、言葉で書いても伝わらないだろうなぁこれ。

果たしてこのゲームを全クリすることはできるのか。とりあえずペンギーゴ余裕で倒せるくらいにはやり込みたい。こうご期待。