読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オルタナティブにいきたい。

取り留めのないことを取り留めなく書き留めるブログ

好きなものを好きと言いたい

あんまり頻繁には更新してないこのブログなんですが、実は何度か書いては下書きで保存してそのままにしてる記事があり、それが結構溜まってきてたりします。それらの記事は大体次の3パターンに陥ったせいで公開を断念してる。

 

・「あっ、これを言いたい!」と思って書き始めたはいいけど、うまく言葉に出来なくて中断

・いい感じに論じてるつもりが、自己陶酔感が強い

・書いているうちに内容がだんだん暴言・愚痴になってる

 

いや、時には公開された記事の中にもこのどれかのパターンが滲み出てるやつはあると思うんだけど、それでも結構「こういうこと言わないでおこう」と塵みたいに存在していた自制心がこの時ばかりは総動員されてることがままある。

でもこれらのパターンって、よくよく考えてみればそれこそ「すごく言いたいこと」なんですよ。すごく言いたいけどかたちにならなくて言えない、すごく言いたいけど主観的過ぎて読んでもらえないんじゃないか、すごく言いたいけどそれって結局悪口じゃねぇかと。

ただそんな記事のタイトルの中に、今回のタイトルを見つけたわけで。「あー、これ今すごく思ってたことだったんだけど、こんな時から思ってたのかぁ」と。そうなったら誰にも読まれずとも書くべきだと思うんですけど、これがなかなかに難しいんです。なぜならこれ、下書き保存で終わる3パターンの要素ほぼほぼ入ってるから。

ちなみに過去にこのタイトルで書いたときはTwitterバンドマン・バンド好きの人たちだらけのTLなことを愚痴り、自分が好きなものを共有できない状態を悲観し、どうまとめたらいいか分からなくなってやめてる。誰かっ!誰か助けてよぉ!

 

 

はい、そんなわけで。

 

簡潔に言いますとね。

 

好きなものを好きと言いたいんですよ。

 

それを上手く出来ないでいるのには変な葛藤があるからなんですよ。

 

 

好きというか、「これは凄い!」と思ったことをもっと脊髄反射のように「こういうところがこうで」とあれこれ語りたいんです。ずっと言っていたいんです。

例えばでいきなりですけど、実は僕、ゲームやアニメのトラウマ部分のネタバレとか読むのすごい好きなんですね。で、トラウマと言うと大体が話の展開が胸糞モノだっていうのが大半なんです。こういうのって意外と市販ゲー、フリーゲームエロゲーと結構隔てなくあるんですけど、エロゲだとBADENDだと大概トラウマ展開ってイメージが勝手についてたんですね。

そんななか調べてたら見つけたゲームがちょっと予想の斜め上いってて、「…もはやこれは、ゲームであっても、遊びではない」とどこぞの浮遊城を創り出した奴のセリフみたいなことを考えててちゃってて、そのゲームについて調べまくってたら主題歌歌ってるのが予想もしない人だったとか。

この時点で俺のテンションぷよぷよで言ったら、ばよえ~ん何回か聞けるくらいの連鎖始まってるんすよ。いや始まってないか。それくらいの連鎖が出来る状態にまで溜まってるんですね。ぷよぷよが。綺麗な形で。てなると最後はその引き金を引くだけじゃないですか。きっかけのぷよぷよ消すだけなんですけどね。でも積み上げたものが多ければ多いほど相手側に落ちるお邪魔ぷよが増えちやう…ってやかましいわ。

それくらい言いたい、語りたいことが溜まってるんだけど、どこで言うかってなると今のところTwitterかこのブログになるわけで、Twitterでフォローしてくれてる人の中で何人かがちょこちょここのブログを見てくれてるくらいのもんだと思うから、そこでバンドマンとしてTwitter始めたことを後悔するんですよね。いくら語っても暖簾に腕押し感というか。ほんと大槻ケンヂが話してた昔のライブハウスが羨ましい。当時って音楽やりたいんじゃなくて自分で書いた小説とか絵とか、なんでもいいけど音楽以外の創作物を何とかして売り出したいと思って、でも売り出す場所がないから仕方なく音楽やってライブハウスで売り出してるって人が集まってたらしいぜ。すごくいい。めっちゃいい。

 

ちょっと話が脱線したけど、ともかくこれだけ自分の中で「凄い!」と思って盛り上がって言ったところで暖簾に腕押しとなると、自分勝手に怒りがこみ上げてくるんですよ。なんでこの凄さをわかってくれないんだと。勝手にTwitterのTL上の奴らを敵視し始めるんです。これが仮想敵かってなんか勝手に思っちゃったんだけども。

これはさすがに駄目なデフレスパイラルだなーと思って、じゃあそもそも発端がなければいいんじゃないかと思ってというか、ほとんど傷つかない予防線みたいな対策でそもそも言わないでみたら、一回そういう思考になっちゃうと抜け出せないんだね。ホントはいない敵にいつまでも立ち向かおうとしちゃうんだね。ヤバイ書きながらいろいろ気付き出して全然話が進まない。

 

 

ともかく、じゃあ予防線張っても駄目ならもう言っちゃおうと。

 

ちゃんと言えてるかとかそういうの気にしないで心行くまで言っちゃえばいいじゃないかと。

 

 

もうここまで来たら共感なんて必要じゃない。そもそもそれを得ることを前提にして始めようとしてたことが間違いだったと思うくらいの覚悟で今後、好きなことを、すごいと思ったものをだたひたすらに言っていきたい。本当は共感とか共有についても突っ込んで書きたかったんだけど、いい感じに書きなぐれたから別の機会にする。

notitle2

最近はマクロスΔの曲ばっかり聴いてる。運転する時は必ず「ワルキューレがとまらない」が流れてる。それか「いけないボーダーライン」。でもマクロスΔは全部は見てない。この間なんてTSUTAYAマクロスΔ借りずに劇場版マクロスFの後編借りてきて、前編観たのがもう何年も前なのにいけるっしょと思ってみたら全然わかんなかった。てかマクロスFが9年前位なのにビックリしたわ。キラッ★ 

 

20日にはGRAPEVINEとORGE YOU ASSHOLEのライブのチケット取ったので、そろそろ予習しときたい。特にORGE YOU ASSHOLEの方はピンポイントでしか聴いてないので、ここいらでガッツリ聴いときたい。欲を言えばplentyが解散するみたいなのでそっちも。

 

 

 

もう何回も考えては実現できてなかったことだけども、小さなも目標をいくつか立てて一つずつクリアしていきたい。と打ち込んでたら「クリアしていきたい!」と意図せぬエクスクラメーションマークが現れたので多分今回の俺はやる気なんだな。それともこれが友達が言ってた夜熱というやつか。わかんないけどとりあえず今思い付く順でメモったら寝る。とどめを刺していいよ覚悟はできてる。

音楽の盲信者はいい加減黙ればいい。

Apple MusicだったりSpotifyだったり、次世代的音楽配信サービスが最近話題になる中、最近「1週間に一度TSUTAYAでCDを10枚借りる」という謎縛りの行為を続けている。別にあれを借りようとか、前もって考えたりしないからいつも出たとこ勝負で借りるか、大体知っている人たちのまだ聴いてないアルバムとかを借りてる。

今ちょっと俺の中で坂本真綾がヤバイ。『トライアングラー』とかマクロスFのあの名曲揃いの中だとかすんでるとまで思ってたけど、この間『マジックナンバー』聴きたさにシングルコレクション借りて聴いたら、イントロで声重なるとこハンパねぇ…と思ってすげぇ聴いてる。あと地味にこのアルバムに『モアザンワーズ』入っててテンション上がった。

んで、とりあえず借りてきたCDでも晒しておこうということで久しぶりにブログ書いた。実はさすがに1週間に10枚は聴ききれないから何を借りたのかよく分かんなくなってきてる。この記事がメモ代わりになったらいいなくらいの感覚である。

 

■ハチ『花束と水葬』

 ボカロやってた時ってどんな感じだったの米津玄師。さすがにマトリョシカくらいは知ってるけど、って思ったので借りてみた。メランコリックなジャケですね。

 

ゆらゆら帝国『Sweet Spot』『ゆらゆら帝国のしびれ』ゆらゆら帝国のめまい』

 ゆら帝ここら辺聴いてなかったなぁと思って借りてきたんだけど、Sweet Spotもう音源PCに入ってた…1枚損した…

 

Apple Light『Are you happy now?』

 名前だけ知っててあんまり曲聴いたことなかったのでとりあえず借りてみた枠。あれ、これ新作だったけど10枚1000円の対象でよかったの…?

 

■WASHED OUT『WITHIN and WITHOUT』

 これも多分一枚くらいは持ってるだろうけどそんなに聴いたことなかったから。ジャケが裸の男女がシーツの上でというエロティカリズムなんだけど、裸分がいかんせん男性の方が多い。空気読めって。

 

■THE 1975『THE 1975』『I Like It When You Sleep, for You Are So Beautiful Yet So Unaware of It』

 ちらほら名前は聴いてたのと、去年のサマソニで観てみたいと思ってたけどRADIOHEADで限界で観れなかったので。長いアルバム名の方がTSUTAYAのシールには和訳で書かれてて、「君が寝ている姿が好きなんだ。なぜなら~」って見た瞬間になにか違うやつが付いちゃってるんじゃないかって不安になった。でも気にせず借りた。

 

坂本真綾20周年記念トリビュートアルバム『REQUEST』

 『Be mine!』でのthe band apartとやってくれたのが嬉しかったんだけど、こういうの共感してくれる人周りにいねぇわホントくs…何でもないです。それにしてもズヴィズダーは喫煙者に厳しいアニメだったね。

 そんなバンアパが『約束はいらない』をカバーしてるんだけど、この曲兄が凄い聴いてたなぁってので俺もすごい覚えてるから聴きたくなって借りた。真心ブラザーズの『ポケットを空にして』とかすごい良さそう。

 

■LiSA『LANDSPACE』

 前回多分ファーストアルバム借りて、意外と聴いてるから多分セカンドであろうこれを借りてみた。なんだっけ、ユニゾンスクエアガーデンの人が曲提供してたりするんだっけ。どうでもいいけど前にカラオケ行ったとき友達がユニゾンの曲歌ってて、「こんな感じのバンドやってないの?」って聞かれて「うん…やってない…」ってなった。どんな感じだよ。

 


まぁ、Spotifyとかの方が色々良いんだろうけど、なんでレンタルかって聴かれたら別に理由はない。今の時点では「どっちでもよくね?」って思ってるし、一時期こういう配信サービスを利用して「いろんな音楽に出逢える!」的なことを言ってた人もちらほら見たんだけど、別にそこまで探求心無ぇしなって思って。デレマスのキャラソン、特に速水奏の『Hotel Moonside』とか聴けるようになるんだったらSpotifyとかやりたい。

マジかよ神様どうにかしてくれよ。

定時で仕事が終わった今日、テンションが上がったので前々から気になっていたものを買おうと思い、帰りに本屋に寄った。

余談だけど、人は一度気になったものは無意識に気にする様になるらしく、そうやって気にすることが多いほど集中力というか、物事にとりかかるパワーがなかなか出無くなってしまうんだとかなんとか。詳しくはメンタリストのDaigoの本を読んでもらいたい。

まぁそんなわけで、その気になっていたものっていうのが、『実は私は』っていうマンガ。前にアニメ化してたのを見て、3巻まで買って読んでみたらちょっと面白いな、と思ったきりだったのが、古本で結構綺麗な状態で15巻まで売ってたのをその本屋に行くたび、「どうしようかなー」と悩んでいた。

正直このマンガ、結構微妙なラインを突いてくる。確かに一度読んでみれば面白いんだけど、このマンガを集めたい!と思うには今一つパンチが足りない。そんなかゆいところに端っこだけ手が届いてるみたいな状態で何度か見送ってきたけど、テンションが俺に「迷ったらGO」と囁いてきたのでGOした。

そして帰宅。4~15巻となると中々のボリュームである。テンションの後押しがあったものの、このマンガに対する自分の中の評価は変わってない。まぁ、すぐに読みきらなくても、暇なとき読めばいいやという思いで4巻を読み始めた。

するとどうだろう。5巻、6巻と止まることなく読んでしまい始めた。今までの評価とは裏腹に、勢いのあるコメディに吹きだしたり、何だかんだ甘酸っぱい展開にマンガ本を部屋の壁に投げつけようとする自分がいるではないか。その度に「…なかなかやるやん」と思ってしまう。今までの評価を改めればいけない。

9巻まで読み終わった頃には次の巻が読みたくて仕方がなかった。だが焦ることはない。既刊20巻のうち15巻まで抑えてある。5冊の空白は空いてしまったけど、15巻まで読めばさすがにこの欲求もある程度落ち着くだろう。さぁ、10巻を読むぞ。

 

 

 

f:id:alternativeniikitai:20161213233530j:plain

 

 

 

10巻無くね!!?

 

 

よく確認しないでごっそり取ってレジに持ってったのがいけなかった。10巻だけ抜けてたんだ。うん確かに11冊分しか払ってないわ。気付かなかったわ。

よりにもよって読みたい欲求MAXの時にこの事実が判明するとは。まさか飛ばして11巻読むとか出来ないでしょうよ!この5冊未読があるのに読めないお預け感えげつねぇよ!

マジかよ…もしかしてレジの人、打つ時に「この人、まとめ買いしてるのに10巻だけないわ。どういう…ことなの?」とか思ってたかなー。恥ずかしいなー。バリバリ仕事着で行ったからなー。いや何とも思ってないと思うけど。

いやね、ちょっとだけ内容に触れるけど、このマンガで一番好きなキャラの委員長が9巻の最後でいい感じで終わるのよ。その続き読みたいじゃん。好きなキャラの続き読みたいじゃん!でも飛ばして読んで、「あっ、多分こうなったんだなー」って予想ついたら嫌じゃん!

 

 

 

うわー、モヤモヤするわぁ。

『ハトヤ』活動報告

 

ついに創作サークル『ハトヤ』の第一作、「ウルファールのサンプルゲーム(仮)」が公開されました。このゲームは、企画・システム・シナリオとほとんどイサオさんが作っているので、なんとなく「イサオゲーム」という認識でいました。ですが、ウディコンの一覧に載って、遊んでくれた人が出てくるにつれて、自分か描いたキャラクターの顔グラフィックが見られてるんだなとか、BGMとして使用できるように作った曲が聴かれてるんだなと思い、僕の作品としての部分もあるという事を改めて認識させられる思いです。通常戦闘曲に至っては俺の歌入りだぜ、とんでもねぇゲームだ!

まだゲームシステムが手探り状態の時からテストプレイしていたので、システムが出来上がったときの驚きと言ったらハンパなかったです。「やべぇ、これゲームじゃん!」って言った記憶があります。なんせ最初やったゲームなんて形が出来上がってない状態だったから、後半はもう「あれがこんなに出来上がってきてる、すげぇ!」としか思えなくなって、どこを直したらいいとか全く考えられなくなってた。テストプレイの意味がない。

そんな客観視が出来なくなった時に、ゲームをプレイしてくれた人の感想とか見ると、あーそういやそうだなぁとか、なるほどこう思うんだとかが知れて新鮮です。と同時に、顔も名前も知らない人がこのゲームを遊んでくれたっていうことが嬉しい。ありがとうございます!

あとはこれが初めて『ハトヤ』として作り上げた作品なので、僕としてはプレイした人がどんな感想を持ってくれるのかをただただ知りたいっていう感じです。多分「つまらない」「クソゲー」と言われても嬉しいくらいには今俺はマゾヒズム全開です。いざとなったら「げ、ゲーム作ったのはイサオさんだし!」って言って逃げます。サイテー過ぎるだろそれは。

 

ということで、フリーゲームに興味がある方、ゲーム自体あんまり興味ないけどこいつらどんなの作ったんだろう、って思ってくれた方は是非、「ウルファールのサンプルゲーム(仮)」プレイしてみてください!よろしくお願いします!