読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オルタナティブにいきたい。

取り留めのないことを取り留めなく書き留めるブログ

私を構成する9冊

ブログ

1日のブログのアクセス数がいつもの10倍くらいになっていた。急に増えたことに戸惑いながらお昼ご飯を食べにアーケードに行ったら、テレビカメラにインタビューされそうになった。「とうとう俺の時代が来たか…」と思って、こりゃあブログ書くしかねぇ!と塵みたいなブロガー魂を掻き集めたんだけど、アクセス解析とかで辿るとどうやら巷の「私を構成する9枚」が話題になってて、それの新着ブログ的なのでアクセス数増えてたんですね。俺は流れに便乗しただけだった。

そんな行き場のなくなったブロガー魂を消化させるために、今回は「私を構成する9冊」について語らせていただきたい。ぶっちゃけ9枚では「確かに好きな9枚だけど構成はしてねーよ」という気持ちだったけど、この9冊は構成してると言える。あと文面に「私を構成する9枚」と入れてこのアクセス数が持続したらいいなっていう下心で書く。フヒヒサーセン

 

f:id:alternativeniikitai:20160215205649p:plain

 

9冊という事でマンガ・ラノベ・小説で選ばせていただきました。影響を受けた時期はもう10年以上前からつい最近までと幅広いです。前回みたいに一冊ずつ書いていきたいところだけど、このブログですでに思いの丈を綴っている本もあるので、そういうのは簡略化します。

 


 

1:橋本紡半分の月がのぼる空

丁度良く1つの記事でまとめたのがあるのでそちらで。

alternativeniikitai.hatenablog.com

 

2:渡航『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

こちらは何度か記事に書いてるんだけど、何がいいってやっぱり主人公・比企ヶ谷のひねくれっぷりなんですよ。大体ラノベものっていうか2次元全般はヒロインが可愛いか可愛くないかっていう判断基準で好きになるかどうかが決まるんだけど、これに関してはヒロインたちを差し置いて八幡が好き。あのひねくれっぷりには尊敬すら感じる。

 

3:日向武史あひるの空

中学生時代にバスケ部で、バスケマンガで言ったらスラムダンクがやっぱり王道だし名作なんだけど、それでもあひるの空を選んだのは序盤のなかなか上手くいかない感があるからかなぁ。そんな序盤はポエムマンガと揶揄されるように青い台詞とかあったんだけど、それ以降はリアリティのある描写も増えてきてると思う。読むと学生時代に戻って一緒に頑張っているようでもあり、作中に登場する大人たちと一緒に見守っているようでもある。

ちなみにあひるの空を読んで、「脇役がちゃんと活きてるマンガは面白い」という持論を持つようになった。

 

4:乙一『失はれる物語』

正直に言います。この本全部は読んでません。でも「しあわせは子猫のかたち」と「手を握る泥棒の話」が入っている時点で確実に構成されてます。短編だからみんな読めよ。

まずもって表題になってる「失はれる物語」も腕の感触だけで展開されるストーリーっていう衝撃もあるし、白乙一とは何かを知るならこの一冊だろと思ってる。乙一で人に勧めるなら絶対にこれ。

 

5:伊坂幸太郎『終末のフール』

伊坂幸太郎好きで終末好き、じゃあこの本最高じゃんっていうまさに好きなものに好きなものを足したらもっと好きなものという構図を体現してる本。しかもこの本の中の「冬眠のガール」という話がめっちゃ好き。この話を読んだせいで、いつか必ず本を読むだけの生活をしたいという夢を持っちゃったくらい。あと苗場さんカッコよすぎです。

 

6:あずまきよひこあずまんが大王

記憶にある限りで、日常モノが終わるあの寂しさを最初に味わったのはあずまんが大王が初めてだった。いいなぁ…忠吉さんいいなぁ…

とりあえず、あずまんが好きな人に悪い奴っていないじゃん。

 

7:コゲどんぼぴたテン

俺が未だに拗らせているのは絶対にぴたテンのせい。 

alternativeniikitai.hatenablog.com

 

8:土塚理弘清村くんと杉小路くんと

シュール、勢い、突然のオチ。俺の笑いのツボはこのマンガからの影響で形成されてると声を大にして言いたい。金欠の時に手放した(といってもそんな高く売れてない)ので手元にはないけど、「あんな話があったなぁ」と思い出すだけでも笑えてくる最高のマンガ。山形のイメージがひどい。

くよくよするな、清杉を読め。

 

9:森博嗣スカイ・クロラ

スカイ・クロラというか、このシリーズ。一番好きなのはナ・バ・テアかなぁ。

これに関しても何度もブログに書いたので割愛で。

 


 

何だかんだ俗っぽいこの並びが気に入ってます。それも含めて私を構成する9冊になってるんじゃないでしょうか。大事なことだから2回言うけど、くよくよするな、清杉を読め。

構成って言葉が鬼門

ブログ

Twitterで話題になっていた「私を構成する9枚」をちょっとやってみた。

 

f:id:alternativeniikitai:20160211141740j:plain

 

普段はこういう流行りの話題に乗っからないんだけど、自分が最も影響を受けた9枚を考えるのは楽しそうだなと思ってやってみると、これが案外難しい。いや、私を構成すると銘打ってはいるけど、それを忠実に守らないでただ好きなアルバムを入れたらいい話だという事はわかってるんだけど、選んでは「これは本当に俺を構成しているのか?」とか考えだしてなかなか決まらない。そもそも影響を受けたアルバムが9枚もあるのかとか思うとそうでもないような気がする。そんなめんどくささを最高に発揮しながら、とりあえず見栄を張ってオシャレなジャケットのアルバムを選ぶことだけはしないで私を構成するという名目をできるだけ守ってみた結果がこの9枚。左上から順にちょっと書いていこうと思う。

 


  

1:GRAPEVINE『Everymen,everywhere』

ぶっちゃけ最後の1枚がどうしても決まらず、じゃあバインから何か1枚を選ぶとしたらどれかと考えて決めたのがこれ。バインだったらこれというアルバムはどうしても決められないと思ってるからあえての選択です。

表題曲Everymen,everywhereの印象が強いけど、ミニアルバムとしてでも好きな一枚。特に好きなのはmetamorphoseの「其の実はお前らが嫌い」の一節で、大学卒業後社会に染まっていく友人たちを横目にこの曲を聴いて溜飲を下げていたりした。そんな僕もスーツを着て仕事を始めました。俺は大丈夫なのか。

 

2:ASIAN KUNG-FU GENERATION『ファンクラブ』

「やっぱりアルバム1枚3000円はたけーよ」と今でも思うのは、お金は無いがCDは欲しいと思っていた高校時代らへんの名残だと思ってる。そんなときに良く中古CDを漁っていたんだけど、中古アルバムだと大体1000円というのが一種の購入基準ラインになっていた。そこを難なく乗り越えてきたのがファンクラブ。アジカンは人気があるにも関わらずファンクラブだけは何故か中古で見かけることが多く1000円を切る価格で売られていることが多かったので、「そんなに良くないのか」と思っていたけど買ってみて聴いてみたら全然そんなことはない。アジカンの最高傑作だと勝手に思ったし、逆になんでこれが安く売られるんだと行き場のない憤りを感じた。

 

3:BUMP OF CHICKENTHE LIVING DEAD

影響を受けたで言うなら、バンプが入ってくるのは仕方ないじゃんと言いたい。そのバンプをよく聞いていた時期、どれが一番ハマっていたかと考えたらjupiterよりもユグドラシルよりもTHE LIVING DEADだったなっていう感じ。今では絶対に言いたくない褒め言葉、「ハズレ曲がない」「曲にストーリーがある」が余すことなく盛り込まれていたし、J-POPばかりを聴いていた僕が、知らないところにすげぇものがあると気が付かされた1枚。今ではバンプもトップアーティストだからもう知らないところにはいないんだけど。

 

4:古明地洋哉mind game

構成するというよりかは理想・憧れの曲mind gameが入っている1枚。もしトリップするんだったらこんな感じがいいと思えるほど幻想的。なんかもっといろいろ書きたいけどうまく言葉にならないくらい。

Twitterで古明地さんのことを呟いたら、本人からリプがきてものすごい焦った。

 

5:スピッツハヤブサ

もろ中学時代のヘビーローテーション。朝は必ず8823を聴いてから登校していたほどにこのアルバムにはテンションを上げられた。それ以外にもメモリーズ・カスタムだったりホタルだったり、当時の感性がこれに刺激されまくっていて外すことはできないアルバム。

だからね、妙に音楽通ぶったやつが「スピッツは初期」みたいなことをいうのが本当に腹立たしい。お前ら執拗にサブカルとかバンギャを毛嫌いしてたけど、結局そいつらと根は一緒じゃねぇかばーか。

 

6:The Telescopes『as approved by the committee』

前述と矛盾して申し訳ないけど、一番見栄を張って入れたアルバム。iTunesのダウンロードで買ったし、そもそもCDとして存在してるのかもわかってない。いやあるだろうけど。

テレスコープスを知ったきっかけも、ボカロでシューゲイザーな曲を作ってた人が「テレスコープスを意識した」と言っていたのを見たから。ただEversoはめっちゃ好きなのでここに入れてます。見栄を張るならこれかFoxies in Fictionで迷った。

 

7:Key『Kanon ORIGINAL SOUNDTRACK』

このゲームが好きな友達がいた影響で、一時期Key作品に興味を持った時期があった。その勢いでKanonAIRCLANNADを買ったけどゲーム自体はAIRしかクリアしてないし、実はそんなにハマれなかったりした。ただしサントラは別。説明不要の国家である鳥の詩や夏影が入ってるAIRのサントラもいいけど、Last regretsの方が好きだし、少女の檻、凍土高原が入ってるのでここはKanonを入れた。

周りの音楽好きには理解されそうにないものをチョイスしたかった思いがここに現れてますね。バンドなんてどーでもいいからアニソン聴けアニソン。

 

8:syrup16g『HELL-SEE』

バインとは逆に、シロップだったらこれとすぐ決められた1枚。曲名と相反して最高にどろっどろな「正常」が入っている時点でこれ一択なんだけど、1枚通してでもやっぱり一番好きなアルバム。シロップのうだうだ感が満載。落ち込みたいときに必須。

風呂で録ったという噂よろしく音質があまり良くなくて、もしリマスターが出るなら絶対買おうと思ったらホントに出た。でもいざ買って聞いてみると音質良くなった分このアルバム独自の雰囲気が削がれてしまった気がして、「音質悪いって悪いことじゃないんだな」と思った。

 

9:Ride『Going Blank Again』

『GO-ON!』という漫画にこのジャケットが出てて、それで気になって調べてRideの存在を知った。シューゲイザーとしてのライドの名盤で言ったらやっぱり『Nowhere』になってしまうと思うけど、Mouse Trapに現れているような爽快感の方が好きなのでこっちをチョイス。まぁシューゲイザーに興味が出てきたけどマイブラはよく分かんなかった、でもライドは良いと思ったっていう感じ。

 


 

とまぁ、選んだ9枚について一つ一つ書いてみたんだけど、全部が全部「俺の一部だ!」みたいに思えるわけではないですね。しかも書いてる途中で、そもそもこーいう事をやって音楽が俺の一部だぜ!って思ってるやつと一緒にされたくないってのが5、7辺りで耐え切れずに出てきちゃってる。だから二度とやらねぇ。

ラッキーストライク

イリヤの空、UFOの夏 ライトノベル 読書感想

数か月前の自分のブログを読み返すと、手探りで書いていた本のレビューでも意外とちゃんとしてるなと思った。文章力とか語彙力で言ってしまえば大したものではないけど、その時自分が思ったことをしっかりと言葉にしようという感じが出てた気がする。やるじゃん俺。

ここ最近は仕事を始める準備を言い訳にしてあまり本を読まなかったり、読んでも感想を数行程度で書いて終わりにしてたので、ここいらでまたちゃんと書き始めたい。ちょうど今電車通勤で30分くらい使っていて、その間に伊坂幸太郎の『陽気なギャングの日々と襲撃』をちょこちょこ読んでる。最初の方が短編っぽいので読みやすいし、降りる駅に着いたくらいで気になる展開に差し掛かったりして、電車降りたくなくなる。

ってな感じで読書熱が再熱してきたので、また色々と本のレビューもちょこちょこと書いていきたい。とりあえず今回はすでに読み終わっていた秋山瑞人イリヤの空、UFOの夏 その4』の感想を書きます。

 

ネタバレはいるから自己責任でね☆

 

 イリヤの空、UFOの夏 その4

 

イリヤシリーズ最終巻。前巻で伊里野を連れて逃げることを決意した浅羽。2人の逃避行に一時的に訪れた穏やかな日々に希望さえ感じられたが、長くは続かないどころか最悪の結果を招いてしまい、目も当てられない状態になってしまう伊里野。それでもなんとか2人で目的地に辿り着くも、そこに居たのは逃げる目的だった榎本。そこから自体は一気にクライマックスへ突入していく。

最終巻という事で、このストーリーの中の世界で起きていたことがすべて明かされる。この世界でいったい何が起きていたのか、伊里野というまだ中学生の少女が背負っていたものは何だったのか、それに浅羽がどう関係していたのか、榎本や椎名といった大人たちはこの2人に対してどのような意図を持っていたのか。

登場人物たちのそれぞれの立場から考えさせられるようなストーリーだった。世界の命運を背負わされた伊里野だったり、あまりに非常なを突き付けられた浅羽だったり、少年少女の純粋な感情さえも利用しなければならなかった榎本や椎名だったり。一大危機に一丸となれなかった世界のしわ寄せが、この登場人物に、最終的には伊里野に押し付けられたような、そのやりきれなさが浅羽を通して伝わってくる。

いやぁ、4巻通して中々ボリュームのある世界観を堪能できたと思います。友達が好きだって言ってたのも分かる気がする。うん、ほんとに。

服の買い物が難しい件

ブログ

 


カワイイ☆☆(ハマるな危険) 【コメ付き】あざといいろはす。。。

 

 

 なんだこれ、ウォークマンに入れて聴きたい。

 

 

 今更ですがあけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 新年あけてもう半月が経ったけれど、これといってやることが無い。だからと言って自堕落な生活を送るのも嫌だなと思ってジョギングしてみたり、筋トレしてみたり、目的無く外出してみたりしてる。別にプラスでもマイナスでもない日々。フルフラットライフ。

 それでも一応、2月に向けて色々と準備をしようと思い、新しいコートを買うことにした。したのだけれど、僕は服を買いに行くことと髪を切りに行くのが凄く苦手だったりする。まず共通して要望を上手く伝えられない。ズボン(オシャレな人にはパンツと言えと怒られる)なんて試着して買わないと絶対失敗するじゃん。でも試着するってことは、必ず店員さんとエンカウントしなきゃいけないじゃん。そんでもって「コレじゃないな」って思っても試着させてもらったのに買わないのってなんか失礼だなって思っちゃうじゃん。店員さんが気にしなくても俺が気にする。ほんとみんなズボン(オシャレry)買うときどうしてるの、マジで教えて。

 なので買いたい服があるときは、まずリサーチを徹底的にする。店員さんとのエンカウントが避けられない状況になった場合、探してるモノだったり、それについての要望をしっかりと伝えられるようにすることで、少しでも店員さんが俺に割く時間を減らすようにする。これぐらいの意思を持たないとオシャレな服売ってる店には入れない。だからユニクロ多いんだな…何だかんだやっぱ一番買いやすいじゃん。無難だし。

 しかし今回はコートなので、リサーチがしっかり出来ていればあとは丁度いいの見つけて、軽く試着して問題なければオッケーっしょ、という軽い気持ちでネットで調べ、「大体こんな感じだな」と目星をつけたところで街へ繰り出す。街なら絶対あると過信していたけど、これが結構見つからない。似たようなのはいっぱいあるけど、いやちょっとここまでしなくても…的なものが多くて丁度いいのがない。途中で友達が働いているところに行ってわざわざジャケットと合わせて試着させてもらったりした。そのコートはめっちゃカッコよかった。コートがカッコよすぎて俺のカッコ悪さが浮き彫りになった。

 買おうと思ってるのはドシンプルなやつだし、何なら街中を探し回ってる途中でそれ着てる人も何人か見てるのに、なんでそれを売ってるお店を見つけられないのだろうか。あれ、俺ってそんなファッション疎いの?もうお目当てのものを着てる通行人がいたら、交渉して着てるの買わせてもらいたくなるレベル。

 街中いろいろ探し回って、店員さんとの会話も何とかこなしていくうちに日が暮れ始めて、もう何を買ったらいいのかよく分からなくなり、「適当なのを買ってもう考えるのやめよう」と思い始めた。これが結果的によくなかった。サイズも色もコートの種類も当初の予定とは全く違うものを買って帰宅して、家ですごく後悔した。

 

 で、この間アウトレット行ったら丁度いいのあった。マジかって思った。

 

 という事でコート2着あります。最初に買った方のコートの処遇について検討中です。次なんか服買うときに失敗しないようにファッション雑誌とか読もう、行間まで読み込もう。

まだほんの助走だから 怖いなんて言ってない

はたらく魔王さま! アニメ イリヤの空、UFOの夏 ブログ ライトノベル 映画 読書感想

 この間面接した会社から一応採用を貰った。電話で連絡が来た後に父親が帰ってきたので報告したら、父はその後に帰ってきた母に「受かったってー!」と勢いよく二階から降りて報告しに行った。それ俺が言うセリフだと思うんだよな。思わず笑った。

 貰ったはいいものの、初出勤が2月からだという事で1月がエキシビジョンみたいな感じ。どうしよう何しよう。とりあえず引きこもるといざ喋るときにどもりそうなのでなるべく人に会いに行こうと思う。丁度年末という事もあり、財政が許す範囲で忘年会に出席してます。

 とりあえず観た映画、読んだ本がいくつかあるので軽く感想を。

 

Wake Up, Girls! 続・劇場版 前編 『青春の影

  

劇場版Wake Up, Girls!青春の影*初回限定盤   [Blu-ray]

劇場版Wake Up, Girls!青春の影*初回限定盤   [Blu-ray]

 

 

 アイドルアニメであることから、どうしても『アイマス』『ラブライブ』と比べられてしまってパッとしない『WUG』。アニメシリーズの出来もあまり良くなくて、嫌いじゃないけど人には勧めづらかったが、今回はそれらを払拭するくらい良かった。どうしても違和感があったダンスシーンが改善され、作画も安定してる。WUGメンバーの掛け合いにはまとまりがあるし、マネージャーサイド、ファンサイドの描写のバランスも悪くない。これがアニメシリーズで出来てたら…もっと人気出たかもな…

 ストーリー展開が単調で「見どころがない」と思われるかもしれないけど、そこが好きだったりする。ロードムービー感というかなんというか。WUG自体もその周囲のこれからも気になる内容で次も楽しみになりました。ちなみに僕はよっぴー、みにゃみ、しほっちが好きです。

 

キャスト・アウェイ

 

キャスト・アウェイ [DVD]

キャスト・アウェイ [DVD]

 

 

 無人島に1人流れついたら…その臨場感がハンパなく描き出されているし、生還しても遭難で失った時間を取り戻せないことが伝わってきて、とても切ない。無人島で味わった絶望感を乗り越えた後の「これからどうするか?息をし続ける。」というセリフには心打たれた。

 それにしても事故に遭うまでは少し肉がある感じだったのに、ちゃんと遭難中は痩せこけてたり、生還後はその中間の体格になってたりしてトムハンクスすげぇなって思った。

 

キング・アーサー

  

キング・アーサー ディレクターズ・カット版 [Blu-ray]

キング・アーサー ディレクターズ・カット版 [Blu-ray]

 

 

 アーサー王の物語には諸説あるらしいですね。ファンタジー感は無くかっこいい騎士たちの戦いという雰囲気の方が強い。アーサー王の物語というか、アーサーが王になるまでの物語。

 ぶっちゃけこの映画を見ようと思ったきっかけがFateという、ミーハー丸出しの選択だったからエクスカリバーってすげぇんだよなとか思いながら見ると全然違くて拍子抜けする。でもFate基準で考えたらそりゃだめだよなと思う。だって、まずアーサー女じゃねぇしな。

 

 はたらく魔王さま!

 

はたらく魔王さま! 5 (電撃文庫 わ 6-5)

はたらく魔王さま! 5 (電撃文庫 わ 6-5)

 

 

 エンテ・イスラ側の世界の天使たちの企みとか、情勢とか、色々と謎なものがまだまだ解明される感じがしないので、そういう面ではちょっと退屈かも。でもちーちゃんが戦闘に参加したり、恵美が父親が生きてると聞いて戸惑ったりと、これからの展開への期待をしっかりさせてくれて面白かった。

 とりあえず恵美さんいつデレるんですかね、それを見届けるまで読みやめませんからね。 

 

イリヤの空、UFOの夏 その3

  

 

 伊里野と晶穂が大食い対決から打ち解けあってほのぼのしたなぁと思いきや、一気に悪化する北方情勢。髪が真っ白になる伊里野。姿を見せなくなった水前寺。椎名にぼこぼこにされる浅羽。クライマックスが近づいてきているのをひしひしと感じながら読んだ。

 浅羽のトイレでのシーンは鬼気迫るものがあった。読んでいるこっちまで耳に激痛が走りそうだった。かっこよかったぜ、浅羽。