読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オルタナティブにいきたい。

取り留めのないことを取り留めなく書き留めるブログ

願いましては無限なり。

 さて、卒論書くか!とやる気を出してみたものの、ジョジョ見たらシュトロハイムがかっこよくてやる気が吹っ飛びました。返せこのドイツ軍人。

 昨日あたりに古本屋行ったら、「50円のマンガ本5冊で100円」という価格破壊な新年セールやってたんで20冊ぐらい買ってきました。でも連続した巻数で置いてなかったので飛び飛びだったりします。

 その、買ってきたマンガ本の中に「ぴたテン」ってのがありまして、これが僕の中二病発症原因、あるいは黒歴史の発祥でした。中学生だと言うのに何故か深夜テレビを見てたら偶然やっていたアニメがこのぴたテンで、深夜アニメなんて知らなかった僕はその可愛らしい絵柄がよかったのか、魅力的な日常風景に憧れたのか、とにかく無性にはまって、半分も話が終わってるっていうのにビデオに撮って、繰り返し見ていたと思います。

 そしてその当時、おじいちゃんちに行ったときにしかもらえないお小遣いをはたいて、出ていたぴたテンのマンガ本を全部買いました。マンガをいっぺんに買うっていうのもぴたテンが初めてでした。多分そうでした。記憶は曖昧です。

 ある朝、突然、天使が「私と付き合ってください!」って言うんすよ。そして付きまとわれる、いや付きまとってくれるんすよ、何だこのうらやましいの、俺にも天使来いよ!とか思ってた自分が恥ずかしい。でも読み返すと今でも思うなぁ、成長していない。

 でまぁ、そうやって全巻集めたぴたテンも、「そういうの恥ずかしい」と思い始めたのとお金が欲しかったっていうので売ってしまったんです。そうしてこのマンガの存在すら忘れてたら、昨日(破格の値段で)見つけてしまって、懐かしさのあまり買わずにはいられなかった。しかし、そこには5~8巻までしかなかった。今、ものすごく1~4巻が読みたい。

 

 ググってみたら、コミックガオってもう廃刊してるのね。ぴたテン読みたさに買ってた頃があっただけにちょっと寂しい。まぁ廃刊したのに4~5年気付かなかったけど。

 アニメの1話がyou tubeで見れるそうです。気になった方はぜひ一緒に中二病発症しましょう。