読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オルタナティブにいきたい。

取り留めのないことを取り留めなく書き留めるブログ

世界とは常に、主観や誤解や幻想に蝕まれる脆いもの

橋本紡 読書感想 道尾秀介 映画

 映画『半分の月がのぼる空』をレンタルし観終わった後、道尾秀介『向日葵の咲かない夏』を読みました。タイトルは文庫本『向日葵~』の千街昌之さんの解説から引用。この表現が一番この作品を言い表していると思います。まずは『半分の月~』から感想を。ネタバ・・・いいやめんどい。

 

半分の月がのぼる空 [DVD]

半分の月がのぼる空 [DVD]

 

 

 前の記事で原作のほうを取り上げたとき、たぶんこういう内容だろうと推測していたけど、予想以上に詰め込まれていたし、映画化するにあたってストーリーをいい感じに変えてあって、気持ちよく裏切られました。このストーリーの良さをしっかり表現して、なおかつ忠実過ぎない。最近実写化というものにあまりいいイメージは持てなかったものの、これに関しては素直に良かったんじゃないかと思います。そして大泉洋が五郎君じゃなかった・・・これが一番やられたと思った。

 残念なのはつい先日、この物語の舞台となった場所で事件が起きたこと。その事件についてはとやかく言える立場じゃないので言及はしないけど、いつかこの地を訪れてみたいと思っていた気持ちに少しばかり陰りを落としてしまった。私事ながら、友人が三重に転勤になるということで、自分のほうの身も定まったら遊びに行きがてら観光しようと思っていた矢先だったので、残念である。でも伊勢にはいつか行く。

 ともかくこの映画は万人に勧められるので嬉しい。ライトノベルではやはり人をえらんでしか勧められないというところに手が届いたような、納得の一本である。欲をいうなら・・・司は・・・司はあんなんじゃ・・・

 小説とか、プロレスとか、猫とか、エロ本とか、そんな要素もたくさん詰めこまれた原作も、またいつかゆっくりと読み返したいです。

  

向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)

向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)

 

 

  まとめサイトなどでお勧めの小説を紹介する記事を見かける度に読んでみると、なかなかの頻度で紹介されていた印象があったこの小説。あまりミステリには明るくないので、この小説がミステリとして傑作なのかどうなのかは判断できないが、それでも物語の異様さに惹きこまれて読んでしまったのは確か。

 その異様さは序盤の早い段階から展開されている。ストーリー自体がそうであるのはもちろん、それを語る文章にもじわじわと表れている。ただ大枠でストーリーが異質であることで、「木を隠すなら森」的な効果を発揮してる。読みなれてる人だったらわかるのかなー、こういうミステリ系の小説とかドラマとか推理しながら読んで楽しむってよく聞くけどそんなことできない。もう読んだらそのままを受け取るから、どんどん「え、嘘でしょ?」っていう感じで裏切られる。なんだ、今回裏切られてばっかだな。

 ともかく解説でも評判でも、「好き嫌いが分かれる」と言われているけどそれは間違いないと思う。ただそれがこの異様さ、この物語の印象の強さから来てるもので、賛否が多く寄せられいるとすれば、それだけ読んだ人に影響を与えられている良作なんだと思う。ちょっと暗い話、人間の闇みたいな部分を垣間見るのが好きな人にはおススメ。文庫版であれば解説も個人的に好きなので是非。

 

 やっぱりこの落差ハンパなかったな・・・次当たり『新世界より』読み切りたい。