オルタナティブにいきたい。

取り留めのないことを取り留めなく書き留めるブログ

イコールで繋いで。

この間、ぼんやりと数学の移項のことを考えてた。

 

もはや自分で見ても「なんだそれ」って思っちゃう書き出し過ぎてよく分からない。何きっかけでそれを考え出したのかもよく覚えてないし、それをブログに書こうと思う神経も神経である。

 

でもまぁ聞いてくれ。これを読んでるなら少しの間付き合ってくださいな。

 

移項ってさ、

 

 x+3=y

 

っていう式があって、「x=~」って形にしたいって時に、「+3」を右に移動させると符合が「+」から「-」になりますよって話じゃん。

上の式で言ったら、

 

 x+3=y → x=y-3

 

になるわけじゃん。

これさ、なんで符号が「+」から「-」になるの?って言ったら、

 

 x+3=y

x+3-3=y-3

→x=y-3

 

っていう感じで、両方から3を引いて「x=~」の形にしたからじゃないですか。

これって、イコールの両側に同じ数足したり、引いたり、掛けたり、割ったりしても同じ数だからできることじゃん。いや当たり前のことなんだけど。

でもさ、普段計算するとき、例えば

 

 5+3=8

 

って左から順に書いていくと、「5に3を足した結果、8になりましたよ」っていうのをこの式で表している気がしません?要は「イコール」が「その結果」という意味であるかのような。

でも実際イコールって、「同じものですよ」っていう意味でしょ?

となるといままで「その結果」っていう感じでイコールを使ってると「両方に同じ数足しても引いても同じ数ですよ」っていう説明ってイメージし辛いよねって思ったんですよ。

 

こうやってね、

 

思ったこと書いてみるとね、

 

全然そんな事ねぇなって。

 

自分で読み返しても「なに言ってんだこいつ」状態なんだけど、とりあえず思ったことを最後まで書くね。

 

むかし、「日本の学校では『5+3=』っていう感じで問題が出るけど、外国では『□+3=8』っていう風に問題が出てて、考えるのがちょっと楽しくなるよね」っていうCMやってたじゃないですか。

これって、日本の場合「5と3を足したらどうなりますか」っていう問題だけど、外国だと「3と何を足せば8と同じになりますか」って問題じゃん。

つまり外国の問題の出し方の方が、ちゃんとしたイコールの意味になってて、後々の勉強に差し支えないようになってるんじゃないかと思ったわけですよ。

 

思ったわけなんです。

 

 

 

 

いやなんか、考えてた時は俺スゲーこと発見したわって思って、ちょっとこれ書き残しておこうっていうくらいテンション上がってたんだけど、どうしようもねぇな。

オチはないです。終わりです。駄文を読んでくれて本当にありがとうございました。