オルタナティブにいきたい。

取り留めのないことを取り留めなく書き留めるブログ

イジられキャラであることに誇りはない。

これを書くのは自分の人間性をさらけ出すというか、内容と読む人によっては誤解を与えるかもしれないから止めとこうかとも考えたんだけど、こういうことをしっかりと言える場面って絶対無いだろうなと思ったんで一応書いてみます。

こんなことを書くくらい自分の中では黄色信号な話題なんで、今から予防線めっちゃ張ります。石橋叩きまくります。これから書く記事には、もしかしたら他人を『イジる』傾向のある人には、不快な思いをさせる内容があるかもしれません。なので少しでも心当たりがあったらブラウザバックを推奨します。

二つ目。これは0か100かの話じゃなくて、その間にもいっぱい数字はあるでしょっていう話です。なんか上手い例えが思いつかなかったけど、完全に否定してるわけじゃないとかそういう事です。

最後に、もしこれを書いたことで自分の普段の生活に支障をきたすような事がもしあれば、この記事は削除します。もうきれいさっぱり消します。覚悟と臆病がない交ぜになった感情でパソコンとにらめっこして書いていることをご了承ください。

 

 

 

オーケーですか?

まぁ、ここまで予防線張りましたけど、そこまでの内容じゃないかもしれないのであしからず。

 

 

 

えっとですね、俺は『イジられキャラ』なんですね。このブログを読んでくれている人の中には、もしかしたらそんなイメージ無いって人もいるかもしれないですけど、様々な場面でイジられキャラになることが多いんです。例えばAというグループに居てもBというグループに居ても、同じようなイジられ方をするなんてことは多々あるんです。

で、自分がそういうキャラだっていう事に原因があるのは分かってるんです。幼い頃からイジメられやすかったので、それを打開するためにイジメられるくらいならイジられようとしてきた過去があり、そうやって人と打ち解けてきたからそのやり方しか知らないみたいなね。

でもぶっちゃけて言うと、俺基本的にイジられたくないんです。もっと正確に言うと、別に自分がイジられることを良しとしてないんです。「ぶっちゃけて」なんて言ったけど、そんなのみんなそうなんじゃないかと思ってる。芸人とかじゃない限り普段の生活で「イジられたい」なんて思わないだろうと。

それでも自分で『イジられキャラ』だと言うのは、自分から「イジらないでください」とハッキリと拒絶してないからなんですよ。たまに「Sの人はMの人をイジメたいんじゃなくて、自分より弱いSの人をイジメたいんであって、その理論で行くと俺は最弱のS」と、やたらくどい言い回しで「自分がイジられることを良しとしてない」と主張することがあるんですけど、まぁ伝わらないですよね。だって、俺が逆の立場ならわかんねぇもん。

そうやってハッキリ拒絶しないのには理由があるんです…あるよ?本当だよ?まぁ元も子もない言い方をすればただの言い訳なんだけど、俺をネタにして雰囲気が良くなるんだったら、笑ってくれるんだったら仕方ないと思っちゃうとか。これはちょっと偽善的な理由だけど、笑ってくれたらその人は自分に対して悪いイメージは持たないんじゃないかという利己的な理由だってもちろんある。だってイジメられたくなかったんですから。

 

 

 

話ちょっと脱線するけど、イジメられる奴からイジられキャラになるのも大変でしたよ。中学生の時、栗のイガイガをバトミントンのラケットで、2~3人くらいから一斉に打ち付けられたことがあったんですけど、それを笑ってやり過ごして、家に帰ってふくらはぎから後ろの腱の辺りまでたくさん刺さったイガイガを一つ一つ棘抜きで抜いてた、なんてこともありましたからね。それを手伝ってくれた母親のあの切ない表情忘れられない。

まぁ、そうやってイジメをイジられに変えて、少しでも悪いイメージを払拭してきたことが今の自分のイジられキャラを作り上げたんです。幸いにもみんな大人になるにつれて肉体的・精神的なイジメなんかしなくなったし、今現在関わってる人の中にもそんな人はいないんで棘抜きは必要なくなったんですけどね。

 

 

 

でも、だからってこのままホイホイとイジられるわけにもいかないんですよ。

 

 

 

ここからが上手く言う自信なくて誤解させるところだと思うんだけど、まぁもうここまで読んだなら誤解されてもいい。一度俺のことを「こいつはイジられキャラだ」と認識した途端、どこまでもイジってくる人がまぁまぁいるんです。「イジッとけばいい」みたいな雑な解釈で。

なんだろう、「一緒にバカやる」くらいのイジり方をしてくれる人はもう大歓迎なんですよ。俺イジられるの頑張ります!っていうくらい。結構キツいイジり方でも、ちゃんと冗談になる頻度とタイミングの人も全然いいんです。

でも、イジる時に上から目線というか、「お前はイジられキャラだから俺はイジる」みたいにイジってくる人がいるんです。ごめんなさいだけどそういう人に限って別にイジり方が大して上手くないんです。笑って欲しくてにイジられてるのであって、笑われる為にイジられてるわけじゃないんですよ。

実際にあった例で言ってみれば、俺のことをイジられキャラだと認識したら、挨拶の時にまぁまぁの強さで蹴ってくるとか、そこまで親しくなってないのに馬鹿にしてくるとか。いや俺だって分かんないからとりあえずイジられるって時もあるけど、そうするとその調子のままやってくる人とかいるから、それはもう「イジられてる」んじゃなくて「馬鹿にされてる」と思うから、そりゃ俺だって機嫌悪くなったりするよと。酷ければ怒るよと。当然でしょうがと。

 

 

 

用はですね、別に俺は「イジってくれ」なんて求めてなくて、でも自分も相手も楽しくなるならイジられにいったりするけど、ただ馬鹿にして笑いモノにするようなイジり方は流石に怒ることもあるよと。ガチでMじゃないんだよという事をここで主張しておきたい。

長々と話したけど、「イジるのは構わないけど、程度はあると思うんだ」って話でした。おわれ。