オルタナティブにいきたい。

取り留めのないことを取り留めなく書き留めるブログ

notitle4

頬にちょっと大きなニキビが出来て「早く治んないかなー」って思ってる。思い思われ振り振られってあったなと思って確認しようと思ったけど、頬に出来た場合ってどちらにせよ失恋フラグなので見るのをやめる。アゴにニキビ出来ると誰かに想われてるって絶対なんかおかしいよね。アゴってなんかそういうの受信すんの?ロマンチックの欠片もないな!

はい、そんな話をするくらい今日の記事で書こうと思ったことは別にないんですが、書く内容は無いけど書こうと思ってる意志だけがある時がたまにあって、今そんな状態です。この気持ちを引きずってると、何かしようとして何もせずに無駄に夜更かしするなんてことが多々あります。だからニキビなんて出来るんだよ、思春期かよ早く寝ろよ。

もっぱらその無駄な夜更かしではYouTube見てる。YouTube見てると高確率でYouTuberの動画に迷い込んでそっから抜け出せなくなるから、なるべく避けるようにしてるんだけど、つい最近まであったシバターと漢さんのやり合いは楽しみにしながら見ちゃった。どっちがどうとかは思ってないけど、「22分は誰も見ねぇよ」のパンチラインめっちゃ好き。

あとやっぱりハマりやすいのがゲーム実況動画。そしてそこからなぜかTAS動画とかにシフトチェンジしちゃうともう時間の浪費がハンパない。TASでRTAなんかいくら早いとはいえゲームを最後までやり切るわけだからね、それなりの時間はかかるよね。

で、しかもその中で『ロックマンX』のTASは何回も見ちゃうからホントどうにかしたい。何回も見すぎてついに『ロックマンX』買っちゃったくらい。だからクラシックミニに入るって!なんで待てないの!

いやぁ、このゲームには「なんで覚えてるんだろう」っていう思い出がありまして、小学生の時に一つ上の学年の、友達とも言いづらい子の家に誘われて、その子がずっと一人でやってたんだよね。それをずっと見てたんだよね。遊べよ俺と。

何故か横スクロール系のゲームは得意だという自信があって、しかもTAS動画も見てるから爽快にプレイできるだろうと思っていざやってみたらこれが難しいのね。ペンギーゴっていうXシリーズの中でも一番弱いだろうって言われてるあのボス、ダッシュパーツがあるから一番最初に選ぶであろうあのステージのボスに何回もやられるの。あいつをまず倒せないの。ペンギーゴつえぇ…

それでも1日ずつちょっとずつ進めていって、やっとシグマのアジトまで来たんだけど、今度はボスとかじゃなくてステージのある部分の進み方で手こずって進めなかったりする。壁蹴りから逆方向へジャンプして反対側の台に…届かねぇ…みたいな。あー、言葉で書いても伝わらないだろうなぁこれ。

果たしてこのゲームを全クリすることはできるのか。とりあえずペンギーゴ余裕で倒せるくらいにはやり込みたい。こうご期待。